AGAになる原因

MENU

AGAになる原因

AGAとは、AndroGenetic Alopeciaのことで男性型脱毛症のことを言いますです。成人男性の薄毛はほとんどがAGAで、おでこの生え際や頭のてっぺんの髪の毛が抜けて生えてこなくなり地肌がみえてくるのが症状です。それでは3つの原因をご説明します。1つめは、男性ホルモンは体毛やひげなどの毛を生やす作用がありますが 額の生え際や頭のてっぺん部分では男性ホルモンと結びついて脱毛を促進させる酵素の影響で薄毛になりやすいのです。ストレスによるホルモンバランスの崩れも考えられます。2つめは、加齢による原因で、思春期以降にはじまる生理現象で防ぎようがありません。3つめは、遺伝によるもので親や家系が薄毛だと自分も薄毛になるとよく言われますが決して100%ではありません。AGAは母親の家系からその体質を引き継ぐ優性遺伝であるとも言われています。つまり、AGAは男性ホルモン・加齢・遺伝が主な原因ですので、薄毛が気になりだしたら着実に進行します。ですから、早めの治療すれば早く効果が現れますのでためらわずに実行されることをお勧めします。